実際に私が相談会に参加したときのメモです。
【参加メモ】
・質問内容を具体的に持っていったほうが良い。(疑問を解決してもらえるので。)
・100社近くの建築会社からニーズにあった3つを提案してもらえた。
・結局のところ、注文住宅が成功するか失敗するかは担当者との相性にかかっている。
・担当者との相性が悪かった場合、変更ができる。
・建築会社の提案を断りたい場合、代理で断わってくれる。
・建築会社の担当者を指名できる。(工務店の社長とかを指名すると家の質が高くなる)
・どこの展示場のどこの建設会社がニーズに合うか調べてもらえた。
・地元の工務店など自分では探せないような会社も提案してもらえた。これは結構良かった。
 →ぴったりのパートナーをみつけることが最重要★
・大手ハウスメーカーは担当者が転勤で変更になってしまう場合が非常に多い。(要注意)
・消費税10%になる前に建てるべき。

なぜなら、消費税がアップすると駆け込み需要が発生。それにより職人が不足、営業マンも多忙になる。打ち合わせ期間が延びる、完成までに時間がかかるようになる。

住宅ローンの話のメモ

・建設会社が住宅ローンを指定する場合がある。(自由に選べない)
・大手ハウスメーカーだと手続きをサポートしてくれたりする。
・土地購入→50%以上の人が3ヶ月以内に土地を見つけている。
・土地選びは不動産会社もしくは建設会社に依頼する。
→不動産会社で選ぶと建設会社の縛りがない。ハウスメーカーで土地を選ぶと、そのハウスメーカーで家を建てなくてはならなくなる。
・土地は60%~70%満足できれば買い。建物とセットで100%目指す。
→土地の不足点を建物でカバーできる。
・建物価格
1階建て>3階建て>2階建て
→2階建てが最も安くなる。1階建て(平屋)は面積が必要なため高くなる。
予算
・総予算ー建物予算=土地予算で土地を選ぶ。
・大手ハウスメーカー→安心感、ブランド力へ多額のお金を払うことになる。

ざっとこんなかんじです。
結論としては、行って良かったです。相談にいかずに注文住宅を建てていたらと思うとゾっとします。相談することで数百万円の損失を防ぐことができたさえ感じています。無料なので一度はいってみるべきです。

ただ、相談会に行く前に以下に紹介するような無料相談サイトなどを利用しておくとさらに良い会社がみつかりやすいです。

(参考)
▼注文住宅の間取りや資金計画プランを作成してもらいたいなら
大手ハウスメーカーで注文住宅の間取り作成