注文住宅の購入で一番大切なのはどこに依頼するかということです。
信頼のおける依頼先を探すのは大変ですが、住宅の完成度に大きく影響します。せっかく家を建てるのですから、依頼先の選択は慎重に行いましょう。

依頼先を選ぶ基準は色々ありますが、一つの足がかりとして、大手ハウスメーカーに依頼するか、地元の中小規模の工務店に依頼するかという2つの選択肢があります。
大手には大手の、中小規模には中小規模のメリット・デメリットがあり、どちらが優れているとは一概には言えません。
それぞれの特徴を比較しながら、自分の要望にあう方を選ぶことが重要となります。

●住宅価格
基本的には、大手ハウスメーカーの方が高くなる傾向にあります。

効率性やコストカット自体は大手ハウスメーカーの方がずっと進んでいるのですが、それ以上に出費があるため、低価格路線の中小規模の工務店に金額で勝つのは難しいです。
誰もが知っているような大手ということは、それだけ宣伝や広告にお金をかけているということです。大手ハウスメーカーは知名度をあげるために、テレビや新聞、インターネットの広告だけでなく、営業のための人件費やモデルハウスにかなりの金額をかけています。

できるだけ安く家を建てたいという場合は、地元の工務店に依頼したほうが安くなりやすいです。

●技術面
素材や建材、工法などの技術面では大手ハウスメーカーが資金面を考えると有利です。

しかし、実際に現場で施工に直接関わる職人の腕という観点から見ると、ハウスメーカーも工務店も差がありません。
何故かというと、どちらに依頼しても現場で作業するのは地元の工務店の人間だからです。ハウスメーカーは自社で大工や職人を抱えているわけではなく、下請けの業者に現場の作業を依頼しています。

作業する人間が同じですから、技術的な差はほとんどありません。ただ、地元の工務店に直接依頼した場合、作業に携わる職人を直接見て工務店を選ぶことができます。技術力が必要な作業を求める場合は、工務店に依頼した方が良いでしょう。

●工期
家を建てるのにかかる時間は大手ハウスメーカーの方がずっと早いです。

建材やパーツの調達・生産の効率化が進んでおり、作業のためのマニュアルも整備されています。
住宅のパーツを工場でまとめて生産し、現場ではそれを組み立てるだけというスタイルで住宅を建てた場合、驚くほどの早さで完成します。

通常家をたてるのには3ヶ月から半年程度かかりますが、特に早いケースだと3ヶ月にも満たない期間で家が建ちます。
建て替えなどで仮住まいに住んでいる場合、工機が短い方が家賃も少なく経済的です。

大手ハウスメーカーにも、地元の工務店にもそれぞれ長所と短所があります。どちらを選ぶべきかは、何を重視して家をたてるのかによります。
相当な資金と時間がない限り、全てにおいて理想の家を建てるのは難しいです。譲れない所と妥協しても良いところを見極めながら選択していく必要があります