建売住宅を購入する際意識したのは、まずは土地柄や人の雰囲気です。
住む時、自分にあっているか、家族にとってこの場所はいいのかを考えました。
特に重要視したのは、学区です。子供の成長に合わせて幼稚園などはまだ選べますが、小学校は子供に合う合わないはわからないので、情報を集めて学区が子供の将来に進むのに適したエリアで、通学するにも大事になる為にママ友などに聞いて情報を聞いたりします。

まず家族が一番大事に考えて場所を重視しました。理由は、私の実母が心臓に不整脈が出ており、今までは何ともなかったのですが悪化して心室頻拍という危険な状態になりました。発作が出たら時間が命に関わる為に、なるべく病院の近くから探しました。
次に子供です。お子様がいらっしゃる方には、環境を考えていくと思います。地域、周りを私は見ました。大きくなった時、街灯がある道路など危険な事が増えたのでそれも大切に感じましたが、一番子供の重要性は学区です。
学区は決まっているため小学校、中学校は子供の成長に大きく関わりました。ママ友などに聞くと、以前から住んでる人に聞いたりすると昔と今を比較して子供の将来の為に選んでいます。また少子化に伴い、中学校で部活が無くなってる為に、部活入れなくて別の場所に習いに行く、市役所と相談するなど手間が増える場合があります。家を買う時には家族を重要視して選びました。

まずは、家族にとってどんな家に住みたいなど話し合いをしてから色んなところに見学に行くことをオススメします。住宅展示場などで、様々な家の作りが実際に見られる事で、よりどんな家にしたいなど頭の中で想像する事が出来ます。
また、家を買う際に家具をどうするのかも含めて考えておくといいと思います。それは、今の家具が今から購入する家に合っているかなども考えてしまうと思います。
私自身、全く考えてはなかったわけではありませんが、すごい大事な事でした。買い換える家財があるのであればそれも見ながら自分達にあった家を見つける事が出来ると思います。
私の場所は前の家からずっと使っているダイニングテーブルがあります。それをイメージしてリビングも似合うようリビングは時間をかけていました。家財道具は、家の中で一番使うものたくさんあります。スマホなとで写メして色んな家を見て回る事をオススメします。