住宅ローン 注文住宅失敗談

【後悔】注文住宅で大失敗、悔やんでも悔みきれないこの気持ち

投稿日:

家は一生のうちで最も大きな買い物です。

多くの人は多額の住宅ローンを組むことにもなります。

お金を借りてまで手に入れたかったマイホーム。なのに、衝動買いで家を建てた、という人は意外なほど多いのです。

そしてさらに!

家を建てて後悔している、と答えた人が、実に2人に1人という驚きの調査結果もあります。

たかしさん(33歳・仮名)も、家を建てて後悔している人の一人です。

家を建てて後悔している人の理由はそれぞれです。

  • 実際に住み始めていたら、間取りの失敗に気付いた。
  • 手抜き工事に気が付いて文句を言ったが、住宅会社がきちんとケアしてくれない。
  • 住宅ローンが思った以上に苦しい。

たかしさんの場合は、この全てが当てはまります。

特に住宅ローンの問題は深刻です。

たかしさんの預金通帳の残高は3万円ちょっと。

月々14万円という住宅ローンが家計を圧迫しているのです。

この一年、贅沢はやめて、旅行はもちろん、外食も抑えて、倹約生活を送っているというのに、生活が明るくなる希望は見えません。

結婚後はずっと専業主婦だった奥様は、少しでも家計の足しにしようと、先月からスーパーのパートで働き始めました。

たかしさんにとっては、奥様のそんな健気な姿が一層辛く身に沁みるばかり。

日曜日もパートで働いているため、家族の団欒もなくなってしまいました。娘と二人で過ごす日曜日、たかしさんは家を見まわしては暗い気持ちになっていきます。

この家を建てなければ、今頃もっと幸せだったかもしれない。そんな後悔ばかりしてしまいます。

 

そんな時、大学時代の先輩から電話がかかってきました。

久しぶりに飲みに行かないか?という誘いにも、たかしさんは気が乗りません。

飲み代も節約しなければ、という気分なのでした。

久しぶりに会った先輩は、元気溌剌、人生順風満帆といった様子です。

一方のたかしさんは、見るからに活気がなく、先輩よりも老け込んでさえ見えます。

先輩
どうしたんだ、何かやつれたな。
たかし
はあ。最近、いろいろ大変で。
先輩
何が? 家建てたんだろ?
たかし
そうなんですけど、後悔してるんですよ。住宅ローンが大変だし、住み心地もぱっとしないし…
先輩
え~? 俺も去年家建てたけど、家建てて運勢が上がった感じだよ。働く意欲も上がったし、夫婦仲もうまくいってるし。
たかし
えっ! そっ、そうなんですか!?

 

そんなことってあるのだろうか。同じように新築の家を建てたのに、この違いはどこから来るのか?

たかしさんはショックを隠せません。

先輩の話を聞くうちに、自分の失敗の原因がわかってきました。

 

先輩
おまえさー、家を建てる前にちゃんとリサーチした? 見積もりの比較とか、ローンとか?
たかし
(返す言葉なし)
先輩
おまえ、学生の時から、思い込んだら突っ走るタイプだったもんな。もしかして、最初の一社で即決したんじゃないの?
たかし
(返す言葉なし)

そうなのです。

たかしさんは、待望の娘が生まれた時に、「結婚、子供、次はマイホームだ!」と新築一戸建ての購入を決意。

近所の住宅会社に出向いたところ、近くにいい土地が出ていますよ、という言葉に載せられて、1週間で土地を契約。その1週間後には建物も契約したのです。ローンについても、住宅会社の営業担当者が勧めるままに銀行と契約してしまいました。

 

先輩
1社だけってことは、見積もりの比較もしなかったってことだろ? 俺は自慢じゃないけど、7社から話を聞いて、一番条件のいいところを選んだよ。競争相手がいるとわかると、営業の方もこっちの要望を真剣に聞いてくれるし。家を建てる時に一番大切なのは、住宅会社選びだよ。信頼できる営業マンと出会えるかどうかがポイントになるんだ。

 

先輩の話はもっともで、たかしさんは、衝動的に契約してしまったことを後悔しましたが、今更どうしようもありません。

たかしさんのような失敗を防ぐためには、複数の会社を比較することが何より重要なポイントとなります。

まず、価格の比較です。

新築の家は、計画を立てるうちに、予算をオーバーしがちです。

そして、どういうわけか、多くの人が、一生に一度のことだからと、少々の予算オーバーには目をつむって契約してしまう傾向があるのです。住宅会社にとってはありがたい顧客ですが、ローンを組むのは自分であることを忘れてはいけません。

また、住宅の価格には、相場はあっても定価というものはありません。

複数の会社を比較してはじめて、確かな相場がわかってきます。

相場がわからなければ、住宅会社が提示する価格を鵜呑みにするしかありません。

相場を知らない客は、住宅会社にとっては、扱いやすい客でもあるのです。

たかし
6社も比較するなんて・・・。どうやってしたんですか?
先輩
そりゃ、大変だったよ。土地選びや、会社選びや、なんやかんやで8ヶ月はかかったかな。でも何千万の買い物だし、建ってから後悔しても遅いしさ。

平均で7、8社に問い合わせをしているという調査結果もでているから、6社なんて、少ない方だよ。

 

1社で全てを決めてしまったひろしさんは、返す言葉もありませんでした。

とはいえ、実際に10社近くも訪問して、話を聞いたり見積もりを取ったりするのは大変です。

そんな時に利用したいのが、ネットで簡単に住宅会社を提案してくれる、無料相談サービスです。

 

必要事項を1度入力するだけで、複数の会社を比較できます。

費用だけではなく、その会社の得意分野やプラン、アフターサービスなども確認できます。

選択肢が絞られることで、その後の交渉もスムーズになり、知識も増えて、一石二鳥です。

しかも無料で利用できます!

家を建てるなら、まず無料相談サービス。

是非活用してください。

無料相談サービスで最も有名なスーモカウンターは、スマホから1分ほどで簡単に予約できます。

>>スーモカウンター公式サイトを見てみる

よく読まれている人気記事

1

家は一生のうちで最も大きな買い物です。 多くの人は多額の住宅ローンを組むことにもなります。 お金を借りてまで手に入れたかったマイホーム。なのに、衝動買いで家を建てた、という人は意外なほど多いのです。 ...

2

注文住宅の購入で失敗しないためには。無理のない資金計画をたてることが大切です。 どんな家が建てられるかは予算によって大きく変わります。また、どんなに良い家を建ててもその後のローン返済に苦しむようでは家 ...

3

部屋と屋外との境界線をどうするのか、何をつくるのかは意外と悩みどころ。 選択肢の一つとして「インナーバルコニー」がありますが、インナーバルコニーにするとどんなメリットがあるのでしょうか。 また、設置の ...

-住宅ローン, 注文住宅失敗談

Copyright© 注文住宅相談窓口【2018年11月版】 , 2018 All Rights Reserved.