注文住宅の悩み

建築条件付き土地購入時のポイントは?

投稿日:

土地探しをしていると「建築条件付き」の土地を見かけることがあります。

上限がない土地に比べて安く、立地条件に恵まれていることもあるため、とても魅力的な物件に見えます。

コストパフォーマンスに優れた物件に見える建築条件付き土地ですが、失敗の多い物件です。

建築条件付き土地にはいくつか注意しなければなれないポイントがあり、よく調べずに家を建てて公開する人も少なくありません。

今回は、建築条件付き土地を購入する際に気をつけるべきポイントや、どんな場合に建築条件付き土地が向いているのかなどを解説します。

◯建築条件付き土地とは?

その名の通り、家を建てる際条件が決まっている土地です。

建築条件付き土地に家を建てるには、指定された住宅会社で家を建てなければなりません


どこの会社が建てるか決まっているという点では建売住宅に近いですが、家の間取りやデザインは自分で決められるため、自由度は高いです。

ただし、指定された会社以外で家を建てることはできません。

◯建築条件付き土地の注意点

建築条件付き土地を購入する場合、以下の3つのポイントに注意しましょう。

・間取り
・仕様
・価格

●間取り

建築条件付き土地で最も多い後悔が間取りです。

建築条件付き土地では、まず先に土地の契約を取り付け、その後間取りを考えていきます。

先に住宅会社土地を決めてからプランを考えることになるめ、思い通りの間取りにするのは難しいです。

普通、ハウスメーカーや工務店を選ぶ際は、いくつかの会社にプランを作ってもらい、その中から気に入った会社のものを選びます。

その後は打ち合わせをしながらよりよい間取りを作っていきます。

しかし建築条件付き土地の場合はすでに依頼先が決まっており、変更ができません。

いろいろな会社のプランを比較することはできません。出されたプランをなんとか良くしていく他ありません。

最初に出されたプランが良いものであれば良いのですが、今ひとつパッとしない場合、その後劇的に改善される可能性が低いです。

良いプランや間取りを考えるには、設計者の技量が必要です。同じ人が設計する限り、基本的に最初に出された間取りより劇的に良いものが出てくることはないでしょう。

建築条件付き土地の購入は急かされることが非常に多いです。

「今契約しなければ他の人に売れてしまう」「まずは先に契約して細かいことは後で調整できる」などと説明し、よく考える間もなく契約させようとする営業もいます。

急かされるままに契約し、後から間取りの不自由さに困る人も少なくありません。

まずは冷静になり、その会社で納得できる家が建てられそうかどうかよく考えてみるようにしましょう。

●仕様

住宅の仕様は住宅会社が決まった時点でほぼ決定します。

建築条件付き土地は契約と同時に住宅会社が決まるため、どんな仕様になるかよく考えてから決めるようにしましょう。

どうしても導入したい設備やこだわりたい部分がある場合には要注意なポイントです。

建売住宅ではなく注文住宅である以上、どの建築会社で建ててもある程度の自由度はあります。標準仕様の中にもいくつかの選択肢がありますし、オプションも様々です。

しかし、その会社が扱ったことのないものを使うのは難しいです。もし対応可能だとしても、標準仕様から外れると高額になりやすいです。

せっかく安い土地を購入したのに、住宅に無駄なお金がかかっていては意味がありません。

例えば無垢のフローリングに憧れる人は多いのですが、メンテナンスに手間がかかるため、慣れない会社は嫌がります。

満足のゆく家を建てるためには、土地の契約をして住宅会社が決められてしまう前に、どんな住宅を建てている会社なのか知る必要があります。

実際に施工された家を見学するのが一番ですが、難しいようなら写真をいくつか見せてもらいましょう。

●値段

住宅を安く建てるためのコツは、いくつかの見積もりを比較することです。

仕様と値段を比較することで、最もコストパフォーマンスのよい会社をみつけることができます。

すでに何度も述べているように、建築条件付き土地では会社が決まってしまっています。値段の比較はできません。

ただ、建築条件付き土地を購入する人は価格重視の人が多く、あまり高額の見積もりを提示されるケースはまれです。

建築条件付き土地で家を建てる場合に注意しなければならないのは、総費用の把握です。

基本的に最初の見積もりで提示される価格は最低価格で、その後の打ち合わせで内容を詰めていくほど価格は上がっていくのが普通です。

標準仕様から変更を加えたり、オプションを追加したりすれば価格はじわじわ上がっていきます。

当初は予算の範囲内でも、最終的には予算オーバーしてしまうというケースが非常に多いです。

希望通りのプランができてから予算オーバーに気がついても、いまさら住宅会社の変更はできません。

予算オーバーにならないようにするためには、最初のうちに必要な設備やオプションを明らかにし、見積もりに含めておくようにすることです。

◯注文住宅はどこに依頼するかが重要

どんな家を建てられるかは、どこの住宅会社に依頼するかで決定します。

建築条件付き土地の契約をする前に、土地の立地条件だけでなく、住宅建設を請け負う会社がどんな会社なのかについて調べなければなりません。

建築条件付き土地の住宅を扱う会社にはいろいろあります。

高い技術と実績のある会社であれば問題ありませんが、中には建売住宅に毛の生えた程度の家しか建てられないところもあります。

家へのこだわりもなく、普通の家がそこそこ安く建てられれば十分というレベルの認識の会社もあります。

一口に建築条件付き土地と言っても、普通の注文住宅と遜色ない家を建てられる場合から、建売住宅よりは多少マシと言うレベルまで様々です。

同じ建築条件付き土地でも違いがあることを認識しておかないと、口コミや評判を見ても混乱してしまいます。

◯建築条件付き土地がオススメのケースは?

●建築条件付き土地がオススメのケース

まず、立地の良さが最重要なら建築条件付き土地はおすすめの物件です。

満足できる立地条件の物件を探すのは大変です。しかもそれが比較的安価で手に入るならなおさらです。

とくに強いこだわりもなく、建売住宅の購入が視野に入っているような場合もおすすめです。建売住宅を買うよりは自由度の高い建築条件付きのほうが満足できる家になる可能性が高いです。

●建築条件付き土地に気をつけたほうがいいケース

せっかく注文住宅を建てるなら、自分好みの家にしたいという場合は注意が必要です。

たとえ強いこだわりがなくても、建売住宅をつまらないと思っていたり、既成品の住宅に抵抗があったりする場合も気をつけましょう。

たとえ売り主に急かされても慌てて契約してはいけません。

後から気に入らないことに気がついても、契約解除にはそれなりの費用がかかります。安物買いの銭失いにならないように、どんな家が建てられる会社なのかよくよく確認しましょう。

デザインや機能、間取りなどにこだわりがあり、絶対に譲れない部分があるなら建築条件付きはやめておいたほうが無難です。

中には運良く自分の希望に合うような住宅を建てられる建築条件付き土地もありますが、あまり多くはありません。

◯建築条件付き土地の注意点

建築条件付きは条件のない土地に比べて安く、購入を急かされることが多いです。そのため、どんな家を建てるのかを具体的に考えないまま契約してしまう人も多いです。

しかし、土地を決めると当時に家を建てる住宅会社も決まってしまうため、安易に契約してしまうのは危険です。

住宅会社によって雰囲気や間取り、設備、技術などは違います。「こうしたい」というはっきりとした美女運があるなら、その希望に答えられるかどうか確認しましょう。

建築条件付き土地は立地条件や価格の条件に優れているものが多く、特性を理解してうまく活用すれば良い土地を購入できます。どんな会社が家を建てるのかをしっかり調べておけば、建築条件付き土地で失敗することはありません。

よく読まれている人気記事

1

家は一生のうちで最も大きな買い物です。 多くの人は多額の住宅ローンを組むことにもなります。 お金を借りてまで手に入れたかったマイホーム。なのに、衝動買いで家を建てた、という人は意外なほど多いのです。 ...

2

注文住宅の購入で失敗しないためには。無理のない資金計画をたてることが大切です。 どんな家が建てられるかは予算によって大きく変わります。また、どんなに良い家を建ててもその後のローン返済に苦しむようでは家 ...

3

部屋と屋外との境界線をどうするのか、何をつくるのかは意外と悩みどころ。 選択肢の一つとして「インナーバルコニー」がありますが、インナーバルコニーにするとどんなメリットがあるのでしょうか。 また、設置の ...

-注文住宅の悩み

Copyright© 注文住宅相談窓口【2018年8月版】 , 2018 AllRights Reserved.