SUUMOカウンター

タウンライフ家づくりは役に立つ?使い方は?

投稿日:

住宅の一括見積もりサービスにはいくつかありますが、その中でも便利だと評判なのがタウンライフ家づくりです。

タウンライフ家づくりはどんなサービス?

住宅の資料請求・見積もりの一括請求サービスの一つです。
建てたい住宅の条件や希望地などを入力するだけで、登録されているハウスメーカー・工務店の中からいくつか候補を選んでくれます。
ハウスメーカーや工務店探しに時間をかける必要がなく、簡単に間取りのプランや資料を請求することができるため、これから家を建てる予定の人ならば一度は利用しておきたいサービスです。

タウンライフ家づくりのメリット

まずは、タウンライフ家づくりを使うとどんなメリットがあるかについて確認していきましょう。

依頼先探しの負担を軽減できる

家を建てるには非常に時間がかかります。
家づくりのプロセスの中で非常に時間がかかり、なおかつ最終的な満足度に大きな影響を及ぼすのが依頼先の決定です。
どこのハウスメーカー・工務店に依頼するかで、家の雰囲気や品質が大きく左右されます。

そんな重要な依頼先選びですが、日本全国に数多くある住宅会社からピッタリのものを探すという作業にはとても時間がかかります。
まずはどんな会社があるか探し、その中から希望に沿ってくれそうなところをピックアップし、次は絞り込んだ業者に資料請求をしたりプラン作成をいらいしたり、と何段階ものステップが必要になります。

手間や時間がかかるだけでなく、精神的な負担も大きいため、依頼先探しの段階で疲れ切ってしまう人も少なくありません。
疲れからその後の打ち合わせが適当になってしまったり、重要なところを業者の言いなりにしてしまったりするケースも多いです。

しかし、業者の言いなりでは相手にとって都合の良い家になるだけで、住み心地の良い満足できる住宅にはなりません。

しかし、一括依頼サービスを活用すれば、めぼしい業者を絞り込んで資料を集める段階まで一気にスキップできます。その上、自宅からインターネットで簡単に請求できるため、いちいち電話したり訪問したりする必要もありません。

プラン作成依頼が簡単にできる

間取りを考えるのは非常に楽しいものですが、意外と良い間取りを作るのは難しいものです。
要望を叶えつつ、不便や破綻のない間取りを素人が作成するのは難しく、プロの手を借りる必要があります。

タウンライフ家づくりでは、複数社にまとめてプラン作成を依頼できます。
要望をどのように形にするかは、各社で微妙に異なります。採用しない会社のプランでも、今後家の詳細を考えていく上で参考になる部分が沢山あります。
ゼロから自分で間取りを考えていくよりも、集まった複数のプランの中から良いものをベースに考えていくほうが近道です。

無料で使える

タウンライフ家づくりの利用に一切お金はかかりません。
誰でも無料で使えます。

タウンライフ家づくりは安心して利用できるサービス

インターネットから申し込めるサービスというのに加え、無料だと聞くと不安に思う人も多いかもしれません。しかも、申し込みにあたっては住所や氏名などの個人情報も預けることになるため、怪しい業者に個人情報が渡ってしまわないかということも気になります。

審査を通過した登録業者だから安心

インターネットのサービスというと玉石混交のイメージがありますが、タウンライフに登録されているのは独自審査を通過した優良企業だけです。
悪質な業者はあらかじめ除外されているため、安心して依頼先を探すことができます。

また、どうしても安心感が欲しいという人向けに、有名な大手ハウスメーカーだけに絞った資料請求も可能です。
ただ、せっかくいろいろな業者を知る機会ですから、誰でも知っているような大手だけでなく、小規模ながら地元で地道に良い家を建てている工務店もいくつか選択肢に入れておくことをおすすめします。

電話がたくさんかかってくることはない

他の一括依頼系サービスのサービス、例えば引っ越しや中古車買い取りのサービスの場合、申し込み直後に業者から電話連絡が一気にくるものも少なくありません。
しかし、タウンライフ家づくりでは、そのように営業の電話が急にかかってくる心配はありません。

まず、引っ越しや中古車の場合とは違い、住宅の購入にはじっくりと時間をかけるのが普通です。たとえ一番に電話がつながったとしても、業者が得をすることはありません。
プランの作成にはある程度時間がかかりますし、プランの説明には図や絵が欠かせないため、連絡方法は電話ではなくメールが一般的です。

断った後にしつこい営業が来る心配はない

一括請求サービスを利用すると、その後しばらくしつこいセールスがあるのではないかと恐れる人も多いのですが、その心配もありません。
住宅会社からメールでプランが送付され、あとは気になったら連絡をくださいというスタイルの会社が多く、こちらからアプローチをかけなければ、特に向こうからは何もしてこないという場合がほとんどです。

しつこく迫られてしまうと断る自信がないという人でも、安心して利用できます。

手数料や契約料はない

タウンライフ家づくりの利用には一切お金はかかりません。
無料とうたっているサービスの中には、契約成立時に手数料が発生するものもありますが、タウンライフ家づくりでは仲介手数料や契約料などはありません。

気に入るものがなければすべて断ってもOK

資料をもらったり、プランをいくつか見比べてみたりして、もし気に入るようなものがなければ無理に契約する必要はありません。すべて断ったとしてもペナルティもありません。

ただし、プランの作成には手間や時間がかかっているため、いたずらにたくさんの資料やプランを請求するのはやめましょう。また、タウンライフ家づくり以外の一括依頼サービスを利用する際は、無駄を減らすために依頼先が重複しないように気をつけるようにしましょう。

タウンライフ家づくりの使い方

申し込み方法

家づくり計画書の作成依頼は以下のような手順で行います。

1.地域選択
2.家づくり計画書作成依頼を選択
3.申し込みフォームの案内に沿って入力
4.依頼する住宅会社を選択
5.申し込み完了

入力に必要な時間は10分程度と短時間です。

申し込みフォームでは、家族の人数や部屋数、LDKの広さ、予算などを入力します。
すでに土地が決まっている場合は、図面も添付すればより正確な計画書を作成してもらうことができます。
また、自由に入力する部分もあるため、細かい要望や、疑問や質問などについても伝えることが可能です。

家づくり計画書の到着

早ければ3日ほどでプランや資料、見積もりなどが到着します。
送付の方法はメールが一般的です。

注意点

会社によって送付資料はまちまち

要望に合わせたプランを贈ってくれる会社や、だいたいの見積もりを作成してくれるところもあれば、資料の送付のみというところもあります。
タウンライフだけですべての情報を集めるのは困難です。

見積もりはあくまでも最低価格

まだ大雑把なプランを作成した段階でしかないため、見積もりはおおよそのものでしかありません。
一般的に、家の内容を細かく決めていくうちに、あれこれと欲しいものが増えたりグレードを挙げたくなったりするため、住宅価格は少しずつ上がっていくのが普通です。
もし見積もりの段階で予算がギリギリのようなら、もう少し安価な住宅会社にするか、思い切った取捨選択による節約が必要になる可能性が非常に高いです。

アドバイザーなどのサービスはない

複数のプランを比較する上で欲しくなるのが、第三者からの視点です。
しかし、タウンライフ家づくりはあくまでも一括見積もりサービスであるため、家づくりのための無料アドバイザーなどのサービスはありません。

もし第三者のアドバイスや家づくりについての相談が必要な場合は、スーモカウンターなど他のサービスを併用しましょう。

家づくり計画書の比較

プラン作成を依頼したハウスメーカーや工務店から計画書が届いたら、それぞれをよく比較してみましょう。
同じ条件・要望をもとに作られたプランでも、それをどう実現するかは各社で全く異なります。

例えば同じ「家事の動線を最重要視」という要望でも、キッチンや洗面所、パントリーなどの配置は様々です。単純に距離だけを短くしている場合もあれば、重い荷物の移動が楽になることに重点を置いている場合もあります。
なんとなくのイメージや価格だけでなく、実際にその家で暮らした時のことを具体的に想像しながら比べるようにしましょう。

プランの比較は単純な良し悪しだけでなく、各社の能力や柔軟性を推し量ることにつながります。どれだけ顧客のことを考えているかという視点で比較すれば、その会社がどの程度信頼できるかということについても考え得られるでしょう。

また、会社によって計画書が届くまでの時間には多少の差がありますが、早ければよいというものではありません。標準仕様に少し手を加えたけのプランならあっという間に完成しますが、要望に合わせた工夫がなされたプランが出来上がるにはもう少し時間がかかります、

タウンライフ家づくりの上手な使い方

タウンライフ家づくりでは、面倒なハウスメーカー・工務店探しの手間を大幅に削減することが可能です。無駄な時間を削減できるため、その後の打ち合わせにじっくりと時間と気力を割くことができます。

タウンライフ家づくりの他にも住宅に関する一括請求サービスはありますが、プラン作成まで一括で依頼できるのはタウンライフだけです。
プランや間取りには家づくりのヒントがたくさん詰まっています。依頼する住宅会社以外の会社のプランでも、見るべきところはたくさんあります。

ただし、この段階でもらえるプランや見積もりはあくまでも参考レベルです。その後の打ち合わせで家の内容も金額も変わります。

また、会社によってはプラン作成ではなく、資料の送付のみの場合もあります。また、住宅に関する講座や第三者によるアドバイスなどのサービスはないため、タウンライフのみを情報収集の手段とするのは危険です。他の住宅関連のサービスを利用したり、口コミや評判をチェックしたり、実際の住宅を見学したりするのも非常に大切です。どれか一つに絞らず、いろいろな方法で住宅に関する情報を集めましょう。

納得できる家づくりのためには、どこに依頼するのかも重要ですが、その後の打ち合わせや住宅に関する勉強も大切です。しかし使える時間や労力が限られています。大切な部分にしっかりと手間をかけられるようにタウンライフ家づくりなどのサービスを活用して、無駄なコストを減らして効率的な家づくりを行っていきましょう。

よく読まれている人気記事

1

家は一生のうちで最も大きな買い物です。 多くの人は多額の住宅ローンを組むことにもなります。 お金を借りてまで手に入れたかったマイホーム。なのに、衝動買いで家を建てた、という人は意外なほど多いのです。 ...

2

注文住宅の購入で失敗しないためには。無理のない資金計画をたてることが大切です。 どんな家が建てられるかは予算によって大きく変わります。また、どんなに良い家を建ててもその後のローン返済に苦しむようでは家 ...

3

部屋と屋外との境界線をどうするのか、何をつくるのかは意外と悩みどころ。 選択肢の一つとして「インナーバルコニー」がありますが、インナーバルコニーにするとどんなメリットがあるのでしょうか。 また、設置の ...

-SUUMOカウンター

Copyright© 注文住宅相談窓口【2018年10月版】 , 2018 All Rights Reserved.