注文住宅の悩み

玄関の鍵を電子錠にするメリットとデメリットは?

投稿日:

カードキーなどの電子錠というと、ホテルや高級マンションで使われているイメージがありますが、一般の戸建住宅でも簡単に電子錠を取りつけることができます。最近ではセキュリティのために、普通の鍵ではなく、カードキーやタッチキーの導入を考え流る人も多いです。

便利そうな電子錠ですが、普通の鍵よりも本当に安全なのでしょうか? また、施錠・解錠が簡単になる以外にどんなメリットがあるのでしょうか?

◯電子錠の種類


電子錠は、鍵穴に鍵を差し込むことなく、施錠・解錠ができるタイプの鍵です。
荷物で手がふさがっていたり、加齢や病気などで手の握力が弱ってしまったりしても、簡単操作で施錠・解錠ができ便利です。

電子錠には、大きく分けてカードキータイプと、リモコンキータイプの2種類があります。

●カードキータイプ

カードキーは財布にしまえる、キャッシュカードやクレジットカードと同じサイズ。一般的な鍵とくらべると非常に省スペースです。おサイフケータイ対応のスマートフォン・携帯電話もカードキーとして登録できるため、荷物を極力減らしたいという場合にも便利です。

使い方は簡単。ドアについたボタンを押した後、カードをかざすだけ。
鍵を開ける時もかける時も、ボタンを押す・カードをかざすという2つの動作だけで操作ができます。

ドアに2つ以上の鍵がついている場合でも、一度の解錠・施錠操作でOKです。鍵の数に合わせてカードを増やす必要もないため、鍵と錠の組み合わせを間違う心配もありません。

オートロックに設定すれば、鍵のかけ忘れもなく安心です。

価格は玄関ドア本体・施工費用とは別に5万円前後かかります。一般的な玄関鍵にくらべるとやや高めです。価格は鍵の種類や施工業者、取りつけるドアによって異なるため、詳しい価格は業者に問い合わせてください。

●リモコンキータイプ

リモコンキータイプの電子錠では、鍵を持っている状態でドアについたボタンを押すだけです。
カードキータイプと違って、鍵をかざす必要はありません。リモコンは鞄の中に入れたままでもOK。車のスマートキーと同じような使い勝手です。

鍵を開ける時もかける時も操作は同じで、鍵を持ったままドアのボタンを押すだけ。鍵を荷物の中から取り出す必要がないため、荷物や子どもを抱えたままでも簡単に出入りができます。カードキータイプよりももっと便利なのがこのリモコンキータイプです。

ただ、リモコンキータイプはカードキータイプよりも価格は高めの傾向で、7万円から10万円ほどかかります。

◯電子錠のメリットは?

●施錠・解錠が簡単

やはり電子錠最大の特徴は鍵の解錠・施錠が楽になること。

カードキータイプならボタンを押して鍵をかざすだけ、リモコンキータイプならボタンを押すだけでOKです。施錠・解錠にかかる時間がぐっと短くなるため、朝の忙しい時でも一瞬で戸締まりができます。

また、鍵を回す動作が必要なくなるため、握力の弱い人でも施錠・解錠が簡単になります。

●鍵のかけ忘れがなくなる

手動で鍵をかける設定にすることもできますが、電子錠のメリットを最大限に活かすならオートロックがおすすめです。
鍵のかけ忘れの心配がなくなるため、セキュリティが格段に向上します。

更に、電子錠では解錠ご一定期間経過した場合、ドアを開けなかった場合でも、再び鍵がかかるようになっています。
例えば解錠直後に忘れ物などに気がつき、ドアを開けずに再び外出した場合。普通の鍵では鍵をかけ忘れてしまうことがありますが、電子錠なら自動で鍵がかかるので安心です。

鍵のかけ忘れが多い人には、電子錠を強くおすすめします。

●2つの鍵が連動している

玄関ドアには、上下2つ以上の鍵をつけるのが一般的です。

電子錠の場合、この2つの鍵が連動してかかるようになっています。片方がかかった状態の場合、もう片方も連動してかかる仕組みになっています。

玄関に鍵を2つつけても、鍵をかけるのが面倒で片方しか使っていないというケースは非常に多いです。せっかく防犯のために鍵を増やしているのに、これでは意味がありません。

面倒くさがりでも防犯はきちんとしたい、という人にも電子錠は向いています。

●ピッキングされにくい

電子錠にも、普通の鍵と同じような鍵穴がついています。ただこの鍵穴には蓋がされており、パット見ただけでは鍵穴がどこにあるか分かりにくいようになっています。

ピッキング犯は解錠に時間がかかることを嫌いますから、鍵穴の位置が分かりにくい家は避けられやすいです。

更に、先程説明したように電子錠では2つの鍵が連動しています。
たとえピッキングされて片方の鍵が開けられてしまったとしても、もう片方の鍵がかかっていれば自動で再び施錠されてしまいます。
2つの鍵を同時にピッキングしなければドアは開けられないため、泥棒に入るのはより難しくなります。

●一つの鍵で複数のドアを登録できる

電子錠では、一つのカードキーやリモコンキーに複数のドアを登録できます。

例えば、二世帯住宅でそれぞれの玄関につけた鍵を同じ鍵で施錠・解錠することができます。ドアや錠の数に合わせてたくさんの鍵を管理する必要はありません。

●鍵を紛失しても錠を交換する必要がない

普通の鍵の場合、鍵を紛失した時は防犯のためにドアについた本体(錠)を交換しなければなりません。交換には手間もお金もかかります。

しかし電子錠の場合、鍵を登録しなおせば本体を交換せずとも紛失した鍵だけを無効にできます。初期投資は高くなりやすい電子錠ですが、万が一のときのコストは低いです。

◯電子錠のデメリットは?

●オートロックで閉め出される

電子錠の多くはオートロック対応。そしてオートロックで一番よくあるトラブルは、鍵を忘れて家を出てしまうこと。
カードキーもリモコンキーもコンパクトで省スペースなため、普通の鍵よりも忘れたり失くしたりしやすいです。

カードキータイプの場合、スマートフォンを登録しておくことで閉め出されるリスクを軽減できます。

●電池交換の必要がある

電子錠は配線工事の手間をなくすため、電池交換式を採用しています。
電池切れで鍵が開いてしまうということはないのですが、電池切れの状態ではリモコンキー・カードキーによる施錠・解錠はできなくなり、普通の鍵と同じ用に鍵を差し込んで回さないと開かなくなります。

●慣れない人には使い方が分かりにくい

分かりにくさは防犯性の向上に役立ちますが、友人や親戚が家に来た時や引っ越したばかりの頃は慣れない操作に戸惑うことも。
特に子どもやお年寄りは使い方が分からずドアを開けられなかったり、うっかり閉め出されたりしやすいため、最初のうちは使い方が分かる人が一緒にいるようにしましょう。

●ペースメーカー使用者は非推奨

電子錠はペースメーカーへの電波干渉を避けるため、電子キーをペースメーカーの22cm以内に近づけないように呼びかけています。

◯電子錠は後付も可能


電子錠は既存の鍵と付け替えることができます。
電池式のため、配線工事の必要はありません。ドアも基本的に既存のものを使用できます。取り付けに必要な工事はごく短時間で済みます。

電子錠はデメリットもありますが、セキュリティを考えるなら圧倒的にメリットの方が大きいです。大切な家族と家財を守るために、電子錠の導入を一度考えてみるのはいかがでしょうか。

カードキータイプとリモコンキータイプのうち、利便性はリモコンキータイプの方が高いですが、コスト面ではカードキータイプの方が優れています。また、家の鍵とスマートフォンをまとめたいという場合も、カードキータイプがおすすめです。どちらにもメリットがあるため、それぞれの特徴を考えながらどちらにするかよく考えてみてください。

よく読まれている人気記事

1

家は一生に一度の大きな買い物になる場合が多いですよね。 多くの人は多額の住宅ローンを組むことにもなります。 お金を借りてまで手に入れたかったマイホーム。なのに、衝動買いで家を建てた、という人は意外なほ ...

2

おしゃれな部屋に似合いそうなイメージのあるダウンライトですが、使い方を間違えると暗すぎて照明の意味がなかったり、想像以上にお金がかかりすぎたりなどの失敗につながります。 シーリングライトではなく、ダウ ...

3

住まい探しは労力のかかるもの。 賃貸でもそれなりに時間がかかるのに、自分で家を買おうと思ったら、もっとたくさんの時間がかかることになります。 一軒家にするか、それともマンションにするか。同じ一軒家でも ...

-注文住宅の悩み

Copyright© 注文住宅相談窓口【2019年11月版】 , 2019 All Rights Reserved.